おばあちゃんが天国へ行ってしまったんだけども、連絡来た時も対面した時もその後も、受け入れてるつもりでも、いつまでもなんとも実感が湧かないんだよね。
寝て起きるとあーおばあちゃん亡くなっちゃったんだよね…って毎回思い出す。
姉ちゃんも私も本当にお世話になったし、最後の対面の時はいっぱい泣いたなあ…。
火葬中、おばあちゃんがつけてた日記をおじさんが持ってきてくれてたんでそれ読んで泣いちゃった。これ打ってる今でもまた泣けてきた。
家帰ってからも読み返してまた泣いて、翌日とんでもないくらい浮腫んでた。笑
久々にいっぱい泣いたな。頭痛かった!笑
去年秋に会いに行ったっきりで、冬からインフル予防とそのあとはコロナで施設に面会で入れなくなっちゃって
ずっと会えないままだったんよね。
電話とか葉書とか手紙とか、何かしらすれば良かったね、ってねーちゃんと話してた。
最後まで全然ボケとかもなく、いつも施設の人にも気を使ってたみたい。本当優しいおばあちゃんだ。
どれだけ感謝してもしきれないし、謝っても謝りきれない不出来な孫だった。大切にしてもらったなあ…

name
email
url
comment