実は私今月12日は何か起こりそうって思ってたんだよ。新刊とまでは行かなくても、なんかのお知らせくらいは。と!
そしたらきたね(ドヤ〜)(今年も新刊ないと思うって今年の新年早々言ってた人)
しかもその日トレンドずーっと入ってて十二国記がこんなに日の目を見る日が来るなんて…って驚いた。隠れキリシタンかって思うくらい普段見かけないのにこの機会にわらわら浮上したからね。
ただニュースサイトが「新作長編は2014年の「黄昏〜」から出ておらず…って書いててさ。新装版から計算してたのが頂けなくて!新装版になっただけで、その長編元々出たの2001年ですから。来年出るなら18年ぶりですから。
何も知らない人にたった四年でこの狂喜乱舞…大げさなって思われる!誤解させないで!って思ってた。
昔から読んでた人なんて、大学生から読み始めたわたしなんかよりずーーっと待ってたんだ!諦めて本捨てた人とかいるんだぞ!ってくらい長い月日がたってるわけで…
戴国がなぜああなったのか、これからどうなるのか、麒麟の次の卵果が実らないとか流されたとか順調じゃないのは十二国全体がどこかおかしくなりはじめてる兆候てきさむしんぐなのか…
私は人の考察読むほうが好き。全然予測とか推理とかできない。

name
email
url
comment